福岡市 FP教室講師のブログ

FP社労士がファイナンシャルプランニングの学習を勧めたり、労務についてコメントするブログbyTWO-FACE社労士FP事務所(福岡市)-記事冒頭にプロフィールリンク

リスクマネジメントができていない現場を見かけた話

街を歩いていたら、ビルの外壁塗装のための足場を組んでいる現場を通りました。

そこでは路肩に停めたトラックの荷台に乗っている作業員が、歩道に面したビルの外壁の既に組みあがっている足場にいる作業員に鉄骨を渡しているのですが、なんとその受け渡しを歩道の歩行者の頭上で行っているのです。

交通整理のための警備員も立っていたのですが、作業員とのなんの連携もなく歩行者に挨拶するだけです。頭上で作業中の歩道を「どうぞ」と言って通らせます。

作業員にとっては通常業務で慣れているために落とすはずないと慢心しているのでしょうが、その慢心が重大事故や労災等につながるのではないでしょうか。

呆れて現場責任者に注意しましたが現場を監督する仕組みがあるのか疑問です。作業員の人たちもプロなのですから作業には習熟しているのでしょうが、慣れや慢心から素人目に見てもおかしい作業をしてしまうのは構造的な問題があるのだと思います。