福岡市 FP教室講師のブログ

FP社労士がファイナンシャルプランニングの学習を勧めたり、労務についてコメントするブログbyTWO-FACE社労士FP事務所(福岡市)-記事冒頭にプロフィールリンク

『人間関係が理由で仕事辞める奴ww』のスレをもとになぜ仕事を辞めるかについて考えてみます

lifehack2ch.livedoor.biz

記事に関する四コマまんが

スレから読み取れる情報

【概要(想像含む)】

女、正社員、若手。自分にとっては人間関係の良好さが許容範囲である職場に勤めている。同じ職場なのに人間関係を理由に退職する人がいることが理解できず、その心理を知りたくてスレ立て。

 

【スレ立ての趣旨】

 今までにいきなり辞める奴を何度か見てみて、そういう人ってたいてい「人間関係が」というわけです。
しかし実際、そんな殺伐とした職場でもないし。
で、そういう辞め方する人って「今までも転々としてきた」という人が多いのさ。
この2chでも度々「いきなり仕事辞めた」というようなスレが立つでしょ?
そういう人の心理というか、理由が知りたいなと思って。
小馬鹿にしようとかの意図はありません。

【なぜ人間関係を理由に会社を辞めるのかについてのスレ主の仮説】

なんでそんなに弱いの?

一度二度ならわかるけど、こういうやめ方繰り返している人って、その人にも
問題があるようにも思える

たぶん変な上司とかはみんな合わないんだと思うんだよ。
ただ辞めるという選択にすぐに至る人とそうでない人の違いだと思う。

耐えられなくなるラインが低い
>大抵の人間は相手を受け入れようとして、どうしても無理だからやめるんだと思うけど

この「どうしても無理」と判断する基準が低い
ストレス耐性の低い人

【スレ主が考える退職、転職のデメリット】

しかし繰り返し辞めてキャリアアップができず、いい年して管理職になれないとか正社員にすらなれない人が
けっこういるわけで・・・

転職って経済的には損する場合が多い

仕事1からになる

安定性やキャリアアップを考えると前向きな転職を除けば辞めるのは損が大きいでしょ。

【スレ主が考える辛い人間関係についての対処法】

異動希望でも良いだろ。

嫌いな奴のせいで自分が辞めるのって馬鹿らしくない?

「こんな嫌な奴のせいでなんで自分が振り回されないといけないのか」って思わない?

>こんなひとがいるところにしか入れなかった自分って…まぁ次いこ

に対しては、自分だったらそういう人と戦うんだよね。

自分だって「ほんとヤダ、この人」と思う人は過去にいましたよ。辞めはしませんでしたが(そんな人のせいで自分が辞めるのは癪だし)。

私の目線でのスレに対するコメント

人間関係を退職理由にするのが甘えか否かは人によるし、個別の事情による。

要するにスレ主は人間関係を理由に退職するのは甘えだ、理解できないと言いたいようです。それについては個別の事情があるので、人間関係が理由の退職が甘えだということもあるかもしれないし、そうじゃないこともあります。気持ちの問題なので分かる人にはわかるし、理解できない人には理解できない問題でしょう。

人間関係の悩みを精神論で乗り越えられることもあるでしょう。

「無理を一週間続ければ無理じゃなくなる。」というワタミ創業者で現参議院議員渡邉美樹流の考え方もあります。(動画を見ると、それは自分の話であって、従業員にそれを強いるようなセリフになっている有名なコピペはニュアンスが歪められているもののようです。)

www.youtube.com

 しかし、ワタミは過労による労災死亡事故を起こしました。人によっては無理なものはやはり無理なのです。

mainichi.jp

人間関係の悩みも同じです。人によっては無理なものは無理なのです。

行政の解釈においても対人関係の悪化によって精神障害や自殺が発生した場合には、労災の要件となりうることが精神障害に関する労災の認定基準で示されています。

本当は別の理由で退職するのであっても、人間関係が理由と言っている可能性も

退職の理由は、人間関係であることも多いのですが、同じくらい多い理由として給料などの労働条件への不満があります。そういった労働条件に関する不満を退職理由として伝えることは会社が悪いと言うようなものですので角が立ちます。一方人間関係の悩みは退職を申し出る方が、私自身が適応できず耐えられなかった結果であり私が悪いのです、と自虐的に伝えることができます。

角を立てずに退職を申し出るために方便として使うことができるので、実際よりも人間関係の悩みが退職の理由としてよく聞かれているということがあるのかもしれません。

では退職の理由はどういったものが多いのか

厚生労働省は昭和60年より不定期で若年者雇用実態調査というものを行っており、その中で若年者(15歳〜34歳)が初めて勤めた会社を辞めた理由に関するアンケート調査が行われています。直近の平成25年の調査では離職理由とその割合は以下のようになっています。

若年者の離職理由の表

多いのは「労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった」が22.2%、「人間関係がよくなかった」が19.6%、「仕事が自分に合わない」が18.8%、「賃金の条件がよくなかった」が18.0%、「その他」16.9%、「会社に将来性がない」12.4%、「ノルマや責任が重すぎた」11.1%の順となっています。

出処進退は自分で決めるもの

スレ主は人間関係を理由に退職するのは甘えだ、理解できないと言いたいようですが退職の理由は人それぞれです。分かろうとするふりを装いながら、実質非難したいだけのように感じました。そうであるのなら大きなお世話です。

出処進退についてはデメリットを踏まえつつも、個別の事情を考慮して、しかるべき相手に相談しながら、自分で決めましょう。

 

 

(福岡 東京)TWO FACE社労士FP事務所 社会保険労務士 蓑田隆介

f:id:taisyokuch:20160418133433p:plain

TWO FACE社労士FP事務所 社会保険労務士 蓑田隆介