福岡市 FP教室講師のブログ

FP社労士がファイナンシャルプランニングの学習を勧めたり、労務についてコメントするブログbyTWO-FACE社労士FP事務所(福岡市)-記事冒頭にプロフィールリンク

『私「会社辞めます」上司「新人が育つまで待ってくれない?」』のスレに社労士がコメントしてみます。

スレから読み取れる情報

【概要(想像含む)】

女、介護施設勤務、介護職正社員。管理が滅茶苦茶で仕事が回っていない職場に嫌気が差して退職を申し出。上司から新人が後任として育つまでの2月間退職を留保するよう請われる。正社員からパートになって出勤日を減らし、兼業を認めることを条件に承諾。しかし後任の育成についても管理が滅茶苦茶で、もはや他人事になりつつあるが、呆れと心配を聞いて欲しくてスレ立て。

 

【給与】

 お給料は普通

 20万前後

生活は普通に送れた

【2か月間退職を留保するためにスレ主が提示し認めてもらった条件】

正社員のまま週5で出るのは嫌なんで、パートになって兼業します。

【管理の滅茶苦茶ぶり】 

(蓑田補記:後任として育成中の)その新卒の新人2人と最近会わないと思ったら
いつの間にか2人ともパートになっててワロタ・・・。

中途採用の経験者の人が、一月もしないうちに辞める珍事もあった

【心配事】

 施設の経営が破綻した場合って、入居者の人どうなるん?(´・ω・`)

私の目線でのスレに対するコメント

管理ができていない職場での自衛策

詳細は不明ですが、労務管理やオペレーション管理が破たんしており、労働条件や労働環境が良くないようです。出勤日を減らし、兼業を認めさせたのは、転職先を探すためだったのではないかと推測します。それはそれで良い自衛策だったのかもしれませんが、あまりに簡単に正社員からパートに切り替わっていることが気になりました。出勤日や労働時間によっては社会保険の被保険者資格を喪失する可能性があるのですが、その点が労使双方とも一顧だにされていない印象を受けました。

仕組みを学んで労働者側から使用者に管理を働きかけることが、自分を守ることにつながり、さらには、被保険者に対する現物給付の形で介護施設に投下される介護保険の原資の確保によって施設利用者の安心を守ることにもつながります。

 

(福岡市)TWO FACE社労士FP事務所 社会保険労務士 蓑田隆介

f:id:taisyokuch:20160418133433p:plain

TWO FACE社労士FP事務所 社会保険労務士 蓑田隆介